義友堂

難易度の高いJava SE8 Silverを合格するため勉強方法!噂の限定Tシャツをキャンペーン期間内に獲得なるか!

Java SE8 Silver 合格

ようやく最近、以前から取得する予定だった資格試験「Oracle Java SE8 Silver」を受験する気になりました。

なんだかんだで業務での開発は現在「Java」となっており、
私にとっては学生時代からほぼずっと触れてきているプログラミング言語です。

Java技術者としては絶対に合格したい資格試験のひとつになるほどのもので、難易度もそれなりに高いです。

7月、8月に猛勉強して、8月末までには試験を受けて、一発合格させる計画です。

 

Oracle Java SE8 Silverとは?

オラクル社が主催しているJavaの認定試験です。

その数あるうちのJavaバージョン8の中級者向けの試験が「Oracle Java SE8 Silver」となります。

実際にはJava SE 8 Programmer II (1Z0-809-JPN) という試験名になっており、この試験に合格することにより、Oracle Java SE8 Silveを取得することが可能です。

 

Javaのスキル証明にはうってつけの資格試験で、世界的にも当然ながら有名なので、企業側のアピールや実力証明などに大いに役立ちます。

実務レベルの内容に沿った問題が多数出題され、Java技術者として知っておくべきことがたくさん盛り込まれています。オラクルの試験ということもあり、引っかけ問題や細かいJavaの知識・仕様なども突かれるため、難易度はそこそこ高めです。

 

私が本気でJava SE8 Silverを取得したい理由

学生時代からずっと考えていましたが、恐らく将来的に自分はJava言語がメインになるだろうと思っていました。

実際にその通りで業務でもプライベートでも日頃Javaに触れています。

 

Javaのスキルを証明したい!

Javaを専攻しているのなら、「Java技術者」としてスキルの証明がしたい!

さらに将来的には自分が培ってきた知識経験を他の人に教える、つまりパソコンの講師になりたいと思っているのです。

その為にはスキルを磨くほかありません。スキルを証明できるものって、やはり資格試験じゃないですか。

 

Javaの資格試験を優先的に取得しようと考えており、以下がこれまでに取得したJava関連の資格です。

 現在取得済みのJava関連の資格
  • 下位試験である「Java SE7 Bronze」を昨年の3月に取得
  • 先月サーティファイ主催の「Javaプログラミング能力認定試験2級」を取得

まだたったの2個です。

しかも上位資格ではなく、ある程度学習すれば取得できる試験なんです。さすがにこれでは何の証明にもならないですよね。

そこで「Java SE8 Silver」を受験して、合格してやろうと目論んでいるわけです。

 

期間限定のJava Tシャツを着るため!

Java Tシャツ」をご存知ですか?

と言われても、何それ?という反応が返って来そうですが、今オラクルの期間限定のキャンペーンでオリジナルのJava Tシャツがプレゼントされるそうなんですよ。

 これが噂のオリジナルのJava Tシャツだ

過酷なJavaの試験を通過したものが着ることを許されるという伝説のTシャツ!

ある意味、このキャンペーンが1番の理由で一気に受験する気になったようなものです。

急いでJava SE8 SIlverの黒本を購入したくらいですし。

なんとしてもこの栄光のJava Tシャツを入手しなければならないのです。ある意味使命です。

 

キャンペーン期間中は受験料が割引!?

一部のJavaの試験の受験量がなんと35%引になっています。ちなみにキャンペーンはは2016年末までなので、あまり悠長なことはしていられないです。

私が受けようとしているSilverですがキャンペーンは・・・対象外(泣)。

その上位資格である「Java SE8 Gold」はキャンペーン対象です。なので、8月にはSilverを合格して、キャンペーン期間中の最後、年末にGoldの受験チケットを購入して来年、受験するという算段です。

まずは目先の「Java SE8 Silver」を合格することに注力します。

Silverも割引してほしかった・・(ぼそぼそ)

 

合格に向けての試験対策と勉強方法

勉強方法といっても王道の問題集を2冊こなして反復練習するだけです。

1冊でも十分だとは思ってはいるんですが、私がJavaのSilver資格を受験しようと思った当初はまだSE7が最新で、そろそろ受けようかと思い始めたころ「SE8」に切替わってしまいました。

なので現状保有している資格も「Java SE7 Bronze」と前バージョンです。

さらに、「SE7」のSilverを受験予定だったのでその時購入した問題集は「Java SE7 Silver」。

こちらについては会社の部内経費で購入し、私がレンタルしているので別にいいんですが。

 

当たり前ですが、どうせ受けることなら新しいバージョンの方が良いに決まっています。なのでSE8を受けようと切り替えたつもりだったんですが、また問題集買わないといけなくなったのと、Java8の新機能の記述がなれなくて、なかなか受験する気になれませんでしたね。

 

SE7と8の黒本2冊で猛勉強

もうこうなれば、SE7の黒本で勉強して、SE8の黒本は自分で購入して、計2冊の問題集で試験勉強しようと考えました。

 Java SE8 Silverの学習に最適な問題集

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

新品価格
¥3,456から
(2016/7/21 12:32時点)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE 7

新品価格
¥3,888から
(2016/7/21 12:35時点)

試験自体はSE7から内容はそんなに変わってないらしく、SE7の黒本でも十分対策はとれると思っています。

ですが、「ラムダ式」や「Data & Time API」などSE8特有の新機能が試験に少しだけ盛り込まれているという情報がありますので、その部分は買い足したSE8の黒本で対策予定です。

受験者の記録を見る限りではそこまでJava8の新機能は出題されないようですが、油断は大敵です。

 

絶対に合格したいので、問題集を何周も解いて、完全網羅させた上で試験に臨みます。もうこれしか方法はないです。

モバイルバージョンを終了